スッポントイレ1つをとってもトラブルはいくつもあります。ティッシュペーパーを使いすぎた程度のつまりであれば、スッポンをお湯を使えばゆっくり解決していきますが、それ以外のトラブルとなるとなかなか手強いものが多く、異物を落としたケースに関しては流れてみえなくなった先でつまっている事もありえます。トイレの水量はある程度決まっていますから、汚物が流れにくくなっていくのは必須ですし、あせってどんどん水を流せば便器からあふれてきて、目も当てられない状態に陥る危険もあるのです。

そうなると便器を外して土中に埋まっている配水管を掘り起こしての大工事になる可能性もありますから、痛い出費になる事は明らかです。ごく初期の段階で業者をよぶ事によって仮に便器を外す手間ができたとしても、それ以上にひどくならないですむ場合が多いのです。深夜にトラブルが発生した時でも24時間営業を行っているトイレつまりの修理業者も増えていますから、備え付けのフリーダイヤルでSOSを出す事もできます。

若い女性の独り暮らしだったりすると男性職員を呼ぶのに抵抗があるという時は、女性スタッフを派遣してもらえる事もあります。トイレの使い方がしっかり理解できていないゆえに、ごく初歩的なトラブルにも対処できずに途方にくれた時でも問い合わせるとアドバイスをもらえる事も多いです。